3Dスキャナー測量についてSERVICE

main_cover

対象エリア全体を丸ごと隅々までスキャニングすることでわずかな日数での測量が可能になります。後からの変更にも対応しやすく高所作業もなくなるため安全で正確かつ迅速に測量することができます。3Dスキャナーで測量した点群データから2D CAD、3D CADで設計し今までにない正確性を実現しています。

3Dスキャナー撮影機材について

InfiPoints (データ処理ソフト)

3Dレーザースキャナーで測量した点群データの位置合わせ、ノイズ除去などを行います。その後ご要望に応じてモデリング作業を行います。点群データ処理のみのご依頼も承っております。

InfiPoints_picture

3Dレーザースキャナー Leica BLK360

1ショット3分程度の撮影で5m~8mピッチで撮影します。
1日180ショット程度撮影することが可能です。屋外撮影に適しています。

leica_picture

Leica BLK360 モード別性能

モード レーザー光の間隔 対象物までの距離 計測時間
High 5×5mm 10m 約5分20秒
Medium 10×10mm 10m 約3分30秒
Low 20×20mm 10m 約2分30秒

撮影データから3Dモデリング・2D図面化作成フロー

  1. 01 FLOW 3Dレーザースキャナーで
    対象エリアを丸ごとスキャニング

    VR Picture

    対象エリアを丸ごとスキャニングします。
    手作業では測りきれなかった高所や人が入れない場所などもレーザースキャナーなら正確に測量することが可能です。調査後の設計変更などにも対応しやすくスキャニングされている場所であれば再調査の必要がありません。

  2. 02 FLOW Infi Pointsに読み込み、
    円柱や平面を自動抽出

    VR Picture

    点群データから形状を自動抽出することができます。
    壁や柱、パイプなどを自動抽出することでコスト削減につながります。

  3. 03 FLOW Infi Pointsでモデリング

    自動抽出では表しきれない対象物をInfi Pointsでモデリングしていきます。

  4. 04 FLOW 3Dモデルの編集・2D図⾯化CADデータ

    現場の点群データ、モデリングデータを3D CADに落とし込みます。干渉や動線、メンテナンス性を確認しながら詳細設計を行います。無償ビューアーにて3Dデータをご確認いただき、製作図に取り掛かります。
    お客様のご要望に合わせ、3Dデータ2Dデータにて納品させていただきます。

  5. ご納品

Contact